標準化

イントロダクション

標準化

このセクションでは、標準化が継続的改善を行う上でいかに重要か、実例を交えて学ぶことができます。

標準について

標準とは…

  • 製造現場や実験室・管理における業務を運用するための方法です。
  • 安定・健全で生産的に業務を遂行することができます。
  • 顧客の要求を満たす必要があります。
  • 品質の向上につながります。
  • 全ての業務に達成までの時間を割り振ります。
  • 作業面と必要なリソースのスケジューリングを可能にします。

標準化された業務の効果について

標準化はどのような改善効果をもたらすでしょうか?

正しいと思うものを選択しましょう。

正解!

標準化によって工程のバラツキがなくなり、改善を普遍的なものにし、知識を蓄積することができます。

しかしながら、より良い結果を得るためには常に標準を疑問視し、最適化する必要があります。

残念!不正解です。

標準化によって工程のバラツキがなくなり、改善を普遍的なものにし、知識を蓄積することができます。

しかしながら、より良い結果を得るためには常に標準を疑問視し、最適化する必要があります。

標準の安定性

標準作業手順は理想的には従業員が上司と協力して定義されるものです。

以下の例から、標準を安定化する要素について見てみましょう。

標準を改訂する際、従業員のアイディアを必ず盛り込む必要があります。
従業員は標準を実践できなければいけません。
工程で発生した問題は標準を改善する助けになります。
標準は便利で達成可能なものである必要があります。
管理者は標準を作成・維持・見直す責任があります。
そして、全ての従業員が標準を順守する責任があります。

結論

よくできました!

あなたは6つ目のセクションを完了しました。

まだ他のセクションを完了していなければ、そのセクションを学んでリーンを日常業務で使いこなす方法を身につけましょう。

もしすべてのセクションを完了したのなら、Success Factorから認定試験を受けてみましょう。